喪服のマナーについて

葬儀の際に「喪に服している」という意味を持つ喪服。

喪服についていろいろな決まり事があるのをご存じですか?

■仮通夜
亡くなった直後に行われる仮通夜。この際に喪服を着ていくのは失礼にあたります。地味な平服で結構です。その理由として不幸は突然訪れるものです。仮通夜で喪服着ることは不幸を予期していたと邪推されてしまう恐れがあるからです。

■通夜
通夜の本来の意味合いとしては、親しい友人などが「急ぎ駆けつける、とりあえず駆けつける」といった意味があります。お亡くなりになって日時が経ってもその意味は変わりません。しかし近年では告別式に参加できない、などの理由から喪服を着用する方も多く見受けられます。絶対に喪服を着用してはダメ、というわけではないのでTPOに合わせた服装を心がけましょう。

■告別式
告別式、葬儀に参列する場合はブラックフォーマルを用意しその場にふさわしい恰好をしましょう。前述しましたが不幸は突然訪れるものです。緊急の場合に備えて冠婚葬祭のスーツはもちろん、靴や小物の有無を確認しご自身で把握されるのがよいでしょう。

【喪服の種類】

喪服には式に合わせていろいろなマナーがあります。

■正喪服
着る場面:公式な葬儀、一周忌までの法要など
故人との関係:喪主、親族など故人との関係性が近い立場にある方
女性の親族は着物を着用するのが一般的です。洋装の場合は装飾がないアンサンブルです。肌の露出は極力避けなければなりません。
襟もつまったもの、スカートの丈はひざの下からくるぶしまでの間。ひじが見えない袖丈が原則です。

アクセサリーを身に着けるのであれば「不幸が重なる」とされる二連、三連のものはNGです。できれば黒真珠や黒ネックレスがベストでしょう。

■準喪服
着る場面:一般的な告別式、通夜、一周忌までの法要など
故人との関係:喪主や親族意外の関係
葬儀に参列するのであれば、ほとんどの場面で着る装いです。正喪服と比べてある程度の変化もOKです。

袖丈は五分?長袖、スカートはひざ下?ミディ丈まで。
ストキングは黒が一般的ですが、通夜や法事の席であれば肌色でもOKです。

■略喪服
着る場面:急な通夜や弔問、三回忌以降の法事、時間を置いて故人宅を訪れる時
故人との関係:故人の知人
略喪服の「略」の文字のとおり黒だけでなく、紺、グレーなど暗い色のシンプルな服でもOKです。

もちろん派手なもの、肌の露出が多いものはNGです。
靴は黒が基本ですが、スニーカーなどカジュアルな靴はNGですがヒールでなくてはダメということはありません。

ストッキングは黒or肌色を選んでください。


【喪服と礼服の違いについて】
喪服と礼服は似たようなイメージがあるかもしれませんが、大きな分類として喪服は礼服の中に含まれます。礼服は冠婚葬祭すべてに着ていくことができますが、喪服を結婚式などの慶事に着ていくことはできません。

整理しますと、喪服は弔事用で礼服は慶事またその他の式典などに使える洋服・着物ということになります。

女性の着物については喪服と礼服の違いはありませんが、喪服の着物は黒無地で家紋だけ入っています。

洋服についても喪服・礼服で基本的には違いはありませんが、通夜や葬式・告別式などの弔事の場合、光沢のあるものや装飾の多いなものはマナー違反とされています。

逆に結婚式などお祝いの席には、光沢のあるものを選びますので、そのため結婚式に着るようなワンピースは喪服には使えないものが多くなります。

【学生・お子様の喪服について】
学生の場合は、制服で参列します。その際、明るい色のリボンなどがついている場合は外しましょう。

制服がない場合には、黒・紺・グレーなどのズボン(女の子の場合はスカート・ワンピース)に白いシャツやブラウスを着用します。

靴下は、黒・紺・グレーなどの色を選びましょう。
幼稚園以下の小さな子供は、なるべく地味な白・黒・紺のトップスに、白・黒・紺のズボンもしくはスカートなどを着用すると良いでしょう。

【季節に合わせた喪服の着用】
喪服についてのルールやマナーはマナー本などに記載されていますが、もう一つ気をつけたいのが季節に合わせた喪服の着用です。

■夏
猛暑日など夏場の葬儀はただでさえ大変なのに、喪服が暑くて大変です。

ですが葬儀に喪服を着るのは当然のマナーですし、どんなに暑くても汗だくで葬儀に参加される方も多いと思います。。

喪服の基本的なマナーとして、出来る限り肌を見せないということが挙げられます

故人を偲ぶ式で必要以上の肌の露出はさけるべきですが、現代の日本の夏は年々気温も上がっており猛暑というよりも酷暑です。

30℃を簡単に超えるような暑さも続きますし、喪服で長い時間我慢していれば脱水書状を起こす方もいらっしゃるでしょう。

故人に、また遺族の方に失礼がないようにと通常通り喪服を着て参列したのはいいけれど、参列者が倒れては本末転倒です。

無肌の露出を控えるのはもちろん、最近では夏用の喪服は機能性に優れたものが数多く出ています。

夏の喪服、どう対応すればいいか、考えてみましょう。

■裏地のないジャケット着用
スーツを着用する男性の方はイメージしやすいかもしれませんが、裏地のない夏用のジャケットがあります。裏地がなくとも素材がしっかりしたもので、型崩れを起こさない喪服なら安心して着ることができます。

透けるのが気になる、という方は通気性をよくするように粗い織で作られた二重織のジャケットなら、透けることもなく涼しく着こなせます。

■背抜きになったジャケット
最近では夏の喪服の中にも背抜きデザインのジャケットがあります。こちらも普段スーツを着用する男性の方ならイメージしやすいかもしれません。

背中部分の裏地がないため、通気性が上がり涼しく過ごせますし、上記で挙げた裏地なしのジャケットに抵抗がある方はこうした背抜きのジャケットがいいでしょう。

■ワンピース
夏の喪服にはワンピース型のものがたくさんあります。
ワンピースでも肌を出さないほうがいい、という配慮から袖丈が七分丈になっているものが多いので、失礼にはあたりません。

傾向として若い女性の方に多く黒いワンピースを喪服替わりにしている方が見られます。
ワンピースを着用する際に気を付けたいのが露出が少なく、スカート丈がひざ下となるものならいいのですが、中には胸元が喪服のマナーに反し、開き気味の場合もあります。

基本的に喪服はワンピースでも胸元が開かないように作られていますので、胸元が詰まったデザインのものを選べば問題ないでしょう。

もう一つ気をつけなければならないのが光沢です。
喪服は光沢のあるものや文字が書かれているデザインはNGとなります。
光沢がなく文字が入っていないもの、喪服のマナーに沿ったものを選ぶことが大切です。

男性の場合はダブルの略式礼服で、ジャケットが背抜きになっているものが多くなっています。

夏場は上着を脱ぐ場合もありますので、半そでのワイシャツを着ていきたいところですが、やはり肌を露出しないという事に習い、長袖のワイシャツを着ていく方がいいでしょう

■冬
それではお次は「冬」に関するも喪服のマナーを紹介いたします。

喪服の基本的な色のマナーといたしまして「黒」をチョイスする必要があります。

色に関しては皆さまが知るところですが、それでは喪服の生地に関してはいかがでしょうか?

ひと昔前に比べ最近ではオールシーズンで着用できる喪服などバリエーション豊かになりました。

ですがやはり真冬に着用するには生地が薄く、屋外での葬儀には不向きということも往々にしてございます。

そのようなときは肌着を着込む、カーディンガンなどで寒さをしのいでかまいませんし、喪服にこだわらなくても厚手のブラックワンピースであったりブラックスーツなど地味な服装であればかまいません。

また、冬の葬儀の場合は、コートを着ていく必要があります。コートはクロークがあらばクロークへ、無い場合は式場に入る前に脱ぐのがマナーです。

コートのデザインはシンプルで暗めの色のコートにしましょう。ダウンジャケットなどカジュアルなデザインなものは避けた方がいいでしょう。

また毛皮のコートは、殺生を連想させますので、ダークな色でも着ていかない方がよいでしょう。

いざという時のために季節に合った喪服やコートがあるか確認してみてはいかがでしょうか?


[cm_bnr_short_yujinso]
  • 光彩セレモ 川口パレス 川口市の中央部、イオンモール川口前川近く、県道蕨・鳩ヶ谷線沿いにある葬儀場です。蕨駅・新井宿駅・西川口駅からも路線バスが出ています。お...

  • 東京・埼玉の斎場・寺院

  • 光彩セレモ 上尾ホール 上尾駅から一番近い葬祭場 上尾市の中心部にある葬儀場です。JR高崎線上尾駅から徒歩7分、上尾市役所のはす向かい、国道17号線沿いにあり...

  • 光彩セレモ 浦和ホール  東浦和駅から一番近い葬祭場   浦和ホール が選ばれる理由 ・東浦和駅から一番近い葬祭場...

  • 光彩セレモ 緑ホール 家族葬専用ホール   緑ホールが選ばれる理由 ・家族葬専用ホール ・冷暖房が完備の充実したセレモニーホール ...

  • 葬儀 プランのご案内 光彩セレモの 葬儀 プランは、お値段の違いと内容が一目で分かるのが特徴です。 また、打ち合わせのお時間を十分にとり、ご遺族の方にとって...

公開日:  最終更新日:  株式会社和敬