お盆 について | さいたま市 葬儀 

あらためてお盆について解説します。

「お盆」とは、先祖の魂が家に帰ってくる期間を示します。 「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という仏教用語との認識も多いですが、仏教義にのっとらない箇所もあり、神教でおこなう、先祖供養の儀式との習合で、現在の習わし・習慣になったといわれます。 仏教義には、「施餓鬼会」というお盆の時期の供養もございますので、ご存じの方もいらっしゃるかも知れません。

地域によって時差はありますが、おおむね、この7月、8月の一定期間に集約されます。 7月にとるお盆を「新盆」といい、8月にとるお盆を「旧盆」といいます。 新旧と分かれているのは、日本のお盆は、旧暦7月15日におこなわれてきた歴史があり、 新暦が採用され旧暦が廃止されたタイミングで新・旧と枝分かれしたというのがその由来といわれます。統一がなされなかったので、地域により時期が違うという事です。

東京都ですと7月のお盆が多いですが、さいたま市では8月のお盆が多いです。 一般的に「お盆」は8月との認識が広まり、お盆休みという言葉はここから派生したものです。

8月13日に先祖の魂が家に戻ってきて、16日に元の場所へ帰っていくというのが通説で、その期間先祖を供養する事が本懐です。その期間、精霊棚という、お盆において先祖のために供物をあつらえる棚を用意し、先祖を供養します。13日の所作として、夕刻には迎え火をたいて故人を迎えます。 お墓で迎え火をたいたり、お墓を掃除したりする地域もありますが、しきたりの介在しない地域においては略式で執り行う事が多いです。 16日には、送り火といって帰る故人を送る火をたく所作をします。 お墓まで送りに行く場合もありますが、家の近所にお墓がない場合には難しく、特に火の元の危険が懸念されますので都市部では火をたかない方も増えています。

供養とは気持ちの所作です。 お盆の意味合いを片隅において、できる事をなぞる中で故人の事を思う事が供養だと考えます。

葬儀家族葬だけではなく、お盆の事でお困りがございましたら、お気軽に光彩セレモまでお問い合わせください。


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
友人葬をお考えのお客様のためにご要望・予算に応じた葬儀プラン
「新生活葬送システム」をご用意。どんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

  • 光彩セレモ 川口パレス 川口市の中央部、イオンモール川口前川近く、県道蕨・鳩ヶ谷線沿いにある葬儀場です。蕨駅・新井宿駅・西川口駅からも路線バスが出ています。お...

  • 光彩セレモ 上尾ホール 上尾駅から一番近い葬祭場 上尾市の中心部にある葬儀場です。JR高崎線上尾駅から徒歩7分、上尾市役所のはす向かい、国道17号線沿いにあり...

  • 東京・埼玉の斎場・寺院

  • 光彩セレモ 浦和ホール  東浦和駅から一番近い葬祭場   浦和ホール が選ばれる理由 ・東浦和駅から一番近い葬祭場...

  • 光彩セレモ 緑ホール 家族葬専用ホール   緑ホールが選ばれる理由 ・家族葬専用ホール ・冷暖房が完備の充実したセレモニーホール ...

  • 葬儀 プランのご案内 光彩セレモの 葬儀 プランは、お値段の違いと内容が一目で分かるのが特徴です。 また、打ち合わせのお時間を十分にとり、ご遺族の方にとって...

公開日:  最終更新日:  株式会社和敬