Q68. 散骨したいのですが?

散骨したいのですが?

法務省の見解(非公式)では、散骨が節度をもって行われる限りは違法性はないとしています。節度をもって散骨を行う分には法的に罰せられることはありません。しかし、現実には、さまざまな問題が指摘されています。ルールやマナーに反するような散骨をおこない、まわりの人とのトラブルに発展したり、お客様の安全を守れない事業者によって、散骨の最中に事故がおこる可能性もあります。

 さいたま市の葬儀にて多くの方が希望されるのは山への散骨です。

山に散骨する際には樹木葬と呼ばれ、海洋散骨とならんで注目されている葬送の選択肢です。但し陸地の場合には散骨の許可がおりた、指定された場所である必要があります。海洋散骨の場合には厳密な指定はありませんが、節度を持ったルールのもと散骨が行われます。陸地よりある一定の距離を保ち、いくつかの条件を満たした状態であれば、散骨する事が可能です。いずれにせよ、大自然の一部として命あるものとして最も自然な還り方であるともいえます。

 散骨の方法にかんしては、法的なルールはまだ整備されていないのが現状です。したがって、「節度をもっておこなう」という、その「節度」は、おこなう側の自主判断に任されているのです。

 以下のルール・マナーを、散骨されるすべての人に守っていただき、後世のためにも節度ある散骨をおこないましょう。

●散骨は葬送を目的とし、場所や方法は、まわりの人の宗教的感情を十分に考慮しておこないましょう。

●海洋散骨をおこなう海域は、漁船や海上交通の要所を避けておこないましょう。

●他人の所有する土地(墓地霊苑の許可のない土地)にお骨を散布してはいけません。

●お骨は形がお骨と分からない程度に粉末化しましょう。

●環境問題に配慮しましょう。自然に還らない副葬品を海に撒いてはいけません。

●散骨に参列するときは、まわりの人に配慮し、喪服の着用は避けましょう。

 ルールとマナーを守ってよき葬送をしましょう。

「節度」とは、「人に迷惑をかけない」ということが基本です。故人とご遺族、そしてまわりの人々が納得できる方法で、大切な方を自然にお還しいたしましょう。

光彩セレモではさいたま市でおこなう葬儀に関しまして豊富な実績があります。散骨を希望される場合にもお気軽にご相談下さい。

 

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬