Q62. お通夜と告別式、ともに出席する際のお香典

お通夜の際お香典を渡しました。告別式に出席する時も再度お香典は必要ですか?

お通夜の際に香典を渡したならば、告別式の際に必要はありません。

告別式の際に受付で芳名帳に名前を記載する時、こちらから改めて「香典はお通夜に出した」という必要も殊更ないですし、向こうからも聞いてくることもないでしょう。香典はお通夜に出したということは喪主側も記録に残してきちんと把握しているはずです。また個人ではなく団体で香典を持参しているケースもあるので、参列者と香典の数が一致しないことはままあることです。

 また告別式の際に、香典の有無に関わらず、「会葬御礼」として喪主からちょっとした品を出されると思いますが、これは喪主からの参列してくれたことに対するお礼の品なので香典がなくてもそれは受け取って構いません。ただ、通夜・告別式共に参列したという記録を残すため、芳名帳には通夜の時にも葬儀の時も両方とも記帳するようにしましょう。また通夜には香典を持参せず、葬儀の時に香典を持参するという心づもりである場合には、念のため通夜の受付で「お香典はご葬儀の際に改めて持参いたします」と受付係に伝えておくと安心です。

 また香典をお通夜・告別式両方に参列する場合、どちらで出すべきか悩ましいという声が聞こえます。これには地域差があって、一般論として西日本を中心とした地方の場合は葬儀・告別式の時にお香典を出し、東京を中心とした首都圏の場合は、通夜にお香典を出すのが良いとされています。東京など首都圏の場合、お通夜に仕事帰りで立ち寄り、告別式には参列できないというパターンが多いため、このような慣例ができたのではないかという説もあります。しかし、これらの一般論に反してあべこべでもマナー違反には当たらないので、心配することもないでしょう。

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬