Q41. 友引には葬儀は行わない?

友引には葬儀は行われないのでしょうか?

友引」「大安」というのは六曜によるもので、室町時代に日本に伝わったものです。

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に繰り返すもので、日の吉凶を表しています。「友引」は、この日に葬儀を行うと友が曳かれる(誰かが一緒に亡くなる)というイメージから嫌われ、「友引」には葬儀を行わないようになりましたが、友引人形を入れ、身代りに立てて葬儀を行う地域もございます。また、浄土真宗の強い地域では「友引」は迷信であると反対し葬儀を行うところがございますが、皆さんが避ける「友引」をお休みにしている火葬場が多いようです。

 実は友引のもともとの意味というものは、「先勝・先負の間に入って勝負無し」ということだったそうです。

いつの間にかその意味を取り違えられ、その漢字から「友に悪影響を与える」の意味と解釈されるようになりました。

「この日に葬儀を行うと、亡くなった人が友を引き寄せて一緒に冥途に連れて行く」という迷信となり、葬儀を避けるようになったとされています。また、葬儀を避けるべき日と昔から日本で信じられてきた「友曵方」と混同されて、友引も葬儀にはよくない日とされたという説もあります。どちらにせよ、実は友引に葬儀を避ける習慣は、仏教の教えとは関係のないことだったんですね。そのため、宗派によっては友引で葬儀を避ける必要はないとはっきり言っているところもあります。

友引などの考えにこだわらないという方で、近くの火葬場が空いているようでしたら、友引に執り行うという方法もあるでしょう。

その場合には、親戚の方などにきちんと了承してもらう必要があります。

まだまだ気にされる方もいらっしゃるものですから、強引に行うようなことなく、不安を解消した上で、落ち着いて火葬を行えるようにするとよいでしょう。

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬