Q34. お盆中の「通夜」「葬儀」はいつ?

お盆中の通夜・葬儀はいつ?

お盆であるかどうかにかかわらず、葬儀は行うことができます。
葬儀は地域によって友引に行わないことがあります。寺院が忙しく
都合がつかないということもあり、葬儀がお盆明けになることも。
ご遺体の保存については、保冷機能をもつ遺体安置施設があります。
自宅でご安置する場合には、棺の中にドライアイスを入れるなどして保冷します。

お盆の期間も火葬場はあいていますので葬儀は可能です。
注意すべき点は、日本のお葬式の多くが「仏式」で行われているということです。

お盆期間中は、各地でお寺の行事が行われており、大変忙しい時期です。お盆にまつわる法要を営まれていたり、檀家さまを回るといった時期にあたります。

お葬式をお願いすると、お坊さまの時間が取れなかったり、「時期をずらしてくれないか」といった相談をうけることが想定されます。お盆の時期は、帰省ラッシュまっただ中。

会葬者の参列も非常に難しい時期です。

時期をずらして、お盆が終わった後にするという選択肢の一つとして考えられてはいかがでしょうか。

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬