Q23. 子どもが娘だけ。お墓の跡継ぎは?

子どもが娘だけの場合、お墓の跡継ぎは誰になるのでしょうか

結論を先に言うと、お墓は娘さんに継いでもらうことで問題がありません。お墓の跡継ぎは男性という決まりはないからです。

娘さんが結婚して姓を変えたとしても、戦前とは違って結婚したからといって相手の家の人間になる訳ではありません。夫婦別姓制度を導入すべきかどうか議論されるようになって久しいですが、仮に姓が変わったとしても、夫婦で新しい所帯を持つことを意味するにすぎず、決して相手の家の人間になるのではないのです。

姓が変わったとしても、子孫は子孫です。お墓の跡を継ぐのに何の問題もありません。

娘さんが嫁入りした場合、新しい家族とのお付き合いもありますから、お墓の管理が十分にできなくなる心配もあります。したがって、「万が一、墓守が難しくなった場合には、永代供養してもらって構わないからね」ということを娘さんに普段からお話になっておいた方が無難かと思います。そして、このことをあらかじめお墓のあるお寺のご住職に伝えておけば、いざというときにアドバイスをしていただけますから、娘さんも安心してお墓に手を合わせ、新しい生活を送っていくことができるでしょう。

近年では跡継ぎを必要としない形態として、自然に還す樹木葬(これにも都市型と地方型があります)、30年・50年と使用期限を定めた有期限のお墓などいろいろ生まれてきています。 お子さんが娘さんだけの場合には、これらの手段を利用することも検討に値するのではないかと思われます。

「共同墓」という形式もご利用になれます。これは、同じような境遇の人が会を作り、合祀墓に共に葬られ、会員が供養していくというもので、お寺または墓地が実費で遺骨を引き取って納骨までしてくれます。

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬