Q17. お墓のカロートがいっぱいの時は?

お墓のカロートがいっぱいになった時の対処方法について教えてください。
まずは、葬儀に際してのお手伝いの有無を確認しましょう。お付き合いの度合いにもよりますが、親しい場合は「何かお手伝いすることがありましたら、お声をかけて下さい。」と、手伝いを申し入れてあげるときっと家族も安心されると思います。
手伝いをする必要のある人は、次のような例があります。
(1)近隣の知人
近隣のなかでも特に親しくしている場合は、すぐに弔問します。また手が足りるかどうか、近所としてのお手伝いを申し出て、通夜、葬儀・告別式には参列しましょう。
(2)会社の上司
すぐに駆けつけ、裏方としてのお手伝いが必要であるかを確認しましょう。通夜、葬儀・告別式ともお手伝いをメインに参列しましょう。 
(3)町内会の人
(4)葬儀社
(5)身内の方
(6)故人や遺族の親しい友人など

 

 また、マナーとして遺族にお手伝いを頼まれた場合はお受けすることとなっています。しかし、面識の薄い方であれば、断っても良いケースでもあります。
 お手伝いの役割には様々なものがありますが、どの役割も決して楽なものではないため、お手伝いをお願いする側は「親しき仲にも礼儀あり」を心がける必要があります。そして、お手伝いの方々へのお礼ですが、商品券などをお礼として渡した方が良いです。金額は、あまり多すぎてもかえって気をつかわせてしまうので、ここもお互い様と割り切っても良い部分でしょう。

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬