Q36. 遠方参列お車代は?

遠方葬儀参列者へのお車代は必要ですか?

遠方からかけつけていただいても、お車代を包む必要はありません。

この点は結婚式と事情が違います。遠方からだと支払い、近隣からでは支払わないという線引きも難しいですし、この人に払って、あの人には払わなかったという不平等感も発生してしまいます。一般的には、一般会葬者には遠方・近隣に関わらずお車代は包まない方がよいでしょう。

親族になると少し事情が異なるようです。遠くからかけつけた親族も多いと思います。交通費や宿泊代などを負担してかけつけたケースもあるかと思います。お車代を払うか払わないかはその人次第のようです。この点葬儀会社の専門家でさえも見解がわかれます。お車代を包むなら目安として数万円程度包んで渡します。葬儀の時に渡しても良いですし、後日落ち着いてから別途お渡しするという形でもかまいません。その際、全額払うか、一部払うかなどはその人の気持ち次第ということになります。

 お車代をお渡ししたら、おこしいただいた方身辺でご不幸があった際には、お車代を包んでもらうようにします。お互いにお車代は支払わないという取り決めがあれば、互いに包みません。これはその家の取り決め次第ということになりそうです。

 葬儀の際は葬儀自体に多額のお金がかかり、親族も喪主に必要以上の負担をかけさせたくないという気持ちもあります。その上にお車代を支払わせるのは忍びないという意見もあります。いずれにせよ、喪主の気持ち次第で包むか包まないかを決めるとよいでしょう。

 導師となる僧侶が遠方から駆けつけるという場合はかならず「お車代」を用意します。これはお布施などとは別に用意するべきものです。社葬など大規模な葬儀で、遠方から来賓として招いた人にも「お車代」を包む必要があります。もし迷ったら、葬儀屋さんに相談するとよいでしょう。

その他葬儀に関するよくあるご質問はこちら


お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
通話料無料・24時間受付可能
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬など、 さいたま市 で 葬儀 をお探しのお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬