家族葬の本当の意味|さいたま市のご葬儀・家族葬【光彩セレモ】
さいたま市の葬儀なら光彩セレモ

トップページへごあいさつ直営ホールご葬儀プラン会員特典資料請求・お問い合わせ

私ども光彩セレモでは、お葬式を"大切な方がもう1度心の中で甦るような儀式"として考えています。
ご家族だけでなく、ご会葬いただいた全ての方に、大切な方との温かい思い出の時間を心に甦らしてもらう、そんな時間を作ることこそが、本当のお別れになるのではないかと思っています。
大切な方との思い出を1つでも心に甦らせ、ぜひ優しく微笑んであげて下さい。

さて、私どもは葬儀社として"甦りの儀式"を提供するだけではなく、お葬式や仏事における"正しい知識"を伝えることも使命の1つであると感じています。
何かと不安が多いと思われがちなこの業界、だからこそ多くのことをお伝えする必要があると思います。
そして、少しでも不安を取り除いてもらいたいと考えています。

このホームページはそのようなことを解消するために作成いたしました。
5分ほどで読める内容となっておりますので、ぜひともご一読下さいませ。

■はじめに

最近は様々な雑誌やテレビで特集が組まれ、ますます世間への露出が増えてきている葬儀業界。
ベストセラー書籍として「葬式は、要らない」という本が生まれるなど、葬儀業界のイメージも大きく変化してきています。

「全国平均231万円」

この数字も、1度は目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
この葬儀費用の平均は、いまやマスコミの掲載にはなくてはならないものになってきているように思います。

それと同時に、「家族葬」という言葉も最近では当たり前のように目にするのではないかと思います。
最近では、私達にご葬儀のご依頼を頂く方からも「家族葬でお願いします」とお言葉を頂くことも増えてきました。

これだけ急速に広がった理由は、「家族葬」という名前と「葬儀費用231万円」という言葉の浸透にあると思います。
231万円という数字は非常に大きな金額です。
(この金額にはお布施も含まれているので、厳密にお葬式にかかる費用は約180万円となっていますが。)
それだけの費用を負担するのは正直つらいところだと思います。

家族葬は「家族」という言葉がついていることで小さくて親近感のあるお葬式を連想させます。
それが費用も少なくて済むという印象につながり、結果として浸透が進んだのではないかと私は考えています。
しかし、これは全て本当のことなのでしょうか?
実は私は、今の「家族葬」という言葉の広がりに少々の不安を感じています。

そもそも「葬儀費用180万円」という数字ですが、
私どもでご依頼をいただくお葬式で180万円を超えるものはむしろ少数派です。
年に数回、企業の社長様などの大きなお葬式がありますので、それで”平均”は高くなってしまうかもしれません。 平均とはそういう数字です。

全国平均という数字も、例えば芸能人などの何千万円もするお葬式もすべて含んでの数字です。
ですから実際には、そんなに高い金額のお葬式が世の中にありふれているとは、私はどうしても思えないのです。

さらに「家族葬」=「小さいお葬式」という考え方にも違和感を感じてしまいます。
例えば、「家族葬をしたい」と希望された方でも、よくよく話を聞いていくと80人近くの御会葬を頂き、今までの葬儀とあまり変わりはなかったという話は、決して少なくありません。

つまり、家族葬とは、規模で制限されるお葬式ではありません。

家族葬=小さいお葬式=費用がかからない

という形で、家族葬という言葉が広がっているのであれば、それは少し短絡的で悲しい事だと思っています。
家族葬とこれまでのお葬式の違いとは、規模ではなく、考え方の違いなのです。

ですから、私は「家族葬とは一体何なのか」を正しく伝えたいと思い、この文章を書くことを決めました。
正直、この内容を書くことには躊躇しました。

わたしは葬儀社の人間です。
「どうせ葬儀社として、規模が小さいお葬式を減らしたいんでしょ。」
と思われてしまうかもしれません。

しかし私は「家族葬」が広がっていくことには賛成なのです。
家族葬は、亡くなられた大切な人にとっても、ご家族の方にとっても心に残るお葬式の
1つの形だと思います。

お葬式にとって大事なのは、どれだけお金をかけるかではなく、どれだけ心に残るかどうかだと私は考えています。
だからこそ、「家族葬」というものが正しく理解され世の中に広がっていくことを願っているのです。
このホームページを通じて、私がお伝えしたいことは、

◆「家族葬」というのは、そもそも何なのか。
◆「家族葬」に行うことのメリットと気をつけなければならないこと
の2つのことです。正しい知識を身につけ、正しい形で家族葬を行い、そして心に残るお葬式にして頂きたいのです。

もしかしたら、世間で言われていること、世の中に出ている本とは違うことかもしれません。

しかし、これは私がお葬式の現場を通じて感じてきた実体験を基に書いたものです。
目の前のお客様をいつも見ながら、様々なお葬式を見てきた中で感じたことが基になっています。

ご納得いただける方、いただけない方がいるかもしれません。

もしご共感いただけたのであれば、ぜひお友達にもお伝えしていただければと思います。
本当にみんなのためになる「家族葬」が多くの人に、正しく伝わっていくのであれば、
私は、それほど嬉しいことはありません。

2010年吉日 代表取締役社長 富樫 孝

 

家族葬ってそもそもどんなお葬式?
家族葬を行うことのメリットと気をつけるべきこと

 

もしものときは

ご葬儀の流れ

よくあるご質問

花いっぱいのお葬式

友人葬のご案内

事前相談のご案内

求人・採用情報


家族葬の本当の意味とは?

提携契約諸団体

テレビ埼玉に出演

家族の絆を感じあえる葬儀

営業エリア

葬儀ローン

お葬式は本当に急な出来事です。
そんな時・・・
ご葬儀にかかる金額を「分割したい」「負担を軽くしたい」など都合に合わせて支払いたい場合にジャックス葬儀ローンが役立ちます。
詳細についてはお問い合わせ下さい。

 

川口パレスで人間昆虫記が撮影されました。