高月・高杯(たかつき・たかはい)

「高月」は、菓子や果物など、仏様にお供えをする食物を盛る台で「高月」という別名で呼ぶこともあります。仏教、神道で使います。

 角と丸の型があるが、角高杯を公式、丸高杯を略式としています。
 陶器の高杯を今日も使用している神杜もあるが、きわめて少ないようです。

また、仏前の左右に置き、果物などを入れて供える脚の高い器も高杯と言い、木製で漆塗りのものや、金箱をおしたプラスチック製のものがあります。

 脚には、蓮弁を飾るものと、素文のものがあり、脚のくびれの部分に、帯をめぐらせます。

なお、浄土真宗では「高坏」を用いずに「供笥(くげ)」を使用することが正式とされています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬