香典 (こうでん)

香典(こうでん)とは、お線香や抹香の代わりにご霊前にお供えするものです。また急に亡くなられた場合の出費に対する助け合いという意味もあります。

香典は通夜か葬儀のどちらかで持参します。香典袋ののし袋の袋書きやのし袋は宗教によって使われるものが異なります。蓮の花の絵が描かれたのし袋は仏教のみで使われます。亡くなられた方の宗教がわからない場合は御霊前と書かれた袋であれば宗教に関わらず、大抵の葬儀に使用することが可能です(ただし浄土真宗はご霊前は使用しない、キリスト教は御花料です)。

通夜に香典を持参した時は葬儀は記帳だけ行います。通夜や葬儀のいずれも参列できない場合は、現金を香典袋に入れて、表書きを通常の不祝儀袋と同じように書き、香典にお悔やみの手紙などを添えて別途送ります。香典を入れるのし袋の下段には会葬者のフルネームを書きます(ご夫婦で会葬する場合は連名の方が良いでしょう)。

奥様が代理で出す場合は「〇〇内」と書き、内は小さめに記します。名簿にも同様に記してください。会社などの代理で会葬する場合は「〇〇代」とし、小さく書くようにします。お名刺を預ける場合は名刺の上に「弔」を記します。

香典の金額は決まりはありませんが、4や9というような死を連想する金額は避けるようにしましょう。それ以外のキリの良い数字の金額を包むのが通例です。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬