霊璽(れいじ)

霊璽とは、神道において仏壇にあたる「祖霊舎」に祀る故人の御霊が宿っているとされるものの事をいいます。 仏教で言う位牌に相応するものと言えます。霊璽は御霊代(みたましろ)とも呼ばれています。 霊璽はいくつかの形があり、鏡などが使われる場合もありますが、角形の白木に上からかぶせる覆いがついたものが一般的です。 神道では戒名がありませんが、神社の神職から霊号をもらいそれを霊璽に記載して祀ります。また霊璽は葬儀の際には仮の霊璽がつくって対応し、五十日祭の時までにきちんとした霊璽を作るのが一般的です。 神道では死後故人はその家の守り神になるという教えから、霊璽に対しては常に家族の安泰などを祈祷し、丁重に扱わなくてはなりません。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬