院殿号(いんでんごう)

院殿号は戒名の1つです。本来は院号の下位ですが、江戸時代以降、事実上の権力者が院殿号を用いたため、事実上の最高位の諡号(しごう)とされています。

足利尊が等持院殿という屋敷の名を戒名の上につけたのが始まりとされています。これは天皇と区別するために殿という字を加えたもので、本来はへりくだった表現とされていました。

現在では院号よりも院殿号の方が格上とされていますが、それは戒名文字の多さによるものと考えられます。 いずれにしても院号、院殿号は仏教への信仰心が篤く、寺を建立して寄進するほどの人でなければ贈られない最上位のものと言えます。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬