阿経忌(あきょうき)

阿経忌とは仏教で言うところの四七日(よなのか)です。没後28日目の追善法要の事を阿経忌といいます。

四七日は普賢菩薩(ふげんぼさつ)により生前の行いを裁かれると言われています。鎌倉時代に「十三仏信仰」と呼ばれる仏教思想により、死後様々な仏により生前の行いを裁かれたり、様々な仏によって悟りの境地へと導かれるとされ、正式には普賢菩薩を本尊に阿弥陀経などが唱えられて故人の追善供養としますが、近年では初七日と四十九日法要以外の追善供養は、阿経忌も含め行われることは無くなり、近親者が焼香をして手を合わせる程度の供養が一般的になりつつあります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴

 


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬