釘打ち(くぎうち)

釘打ちとは、出棺の際に棺の蓋をした後、遺族が意志で釘を打って封じる習慣のことです。

さいたま市葬儀に有益な葬儀の用語を紹介しています。

元来は棺を選ぶ時、蓋がずれないように縄を巻いていたのが釘打ちに変わりました。用いる石は三途の川の川原石を意味し、石に宿る呪力で死霊を封じるという意味があるといわれていました。

しかし、現在はそのような考え方は少なくなるとともに、蓋もはずれにくく作られているため、故人が無事に冥土に渡れるようにとの祈りを込めて実際には釘は打たず、石で打つマネをする場合が多くなっています。また、遺族の意向によっては、一切行わないこともあります。

葬儀が終わると、近親者の最後のお別れが行われます。柩のふたを取って、最後の対面をします。 生花で柩の中を飾ります。 お別れが終わるとふたを閉ざして、釘打ちをします。釘打ちは、あくまでも形式的なものです。

釘打ちは葬儀社の人が最初に釘の頭部を半分打ち、頭から足に向かって、喪主から順番に小石で2回ずつ軽くたたきます。

故人が無事に冥土に着くようにと願いを込めながら打っているのがしきたりとなっています。これはあくまでも形式的なものなので、最後に葬儀社の人が最後まで釘うちをします。石には呪力があるとされ、死霊を封じ込めるという意味があるため、釘打ちはやめるべきとの議論も出ており、釘打ちを行わないこともあります。 ちなみに浄土真宗では釘打ちをしません。

石の魔力で死者の霊を封じ込め、災いを防ごうというものです。 また再び舞い戻って災いを起こさないようにという言い伝えが、浄土真宗の教えに反するものだということです。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬