野辺の送り(のべのおくり)

野辺の送りとは、葬儀後火葬場に遺骸を運び送ることをいいます。現在では親族のみが火葬場まで行き遺体を火葬にしますが、土葬が主体だったかつては埋葬する墓まで一般参列者も参加した大事な儀式でした。地域により異なりますが、導師に続き位牌や遺影のもった遺族が列をなし、四華花や松明、高張提灯などをもった行列がつつぎ、また出棺の際に棺を三回まわし、また火葬場などにつくとまた棺を三回まわすという事が行われていました。ただ現在では火葬場まで親族らを乗せた霊柩車の列の事を野辺の送りというようになり、またこの用語自体もあまり使われなくなってきています。また一部地域では火葬後に告別式を行い、告別式の後この野辺の送りの行列を組むという風習が残っているようです。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬