遺骨迎え(いこつむかえ)

遺骨迎えとは火葬を終えた後、遺骨が自宅に戻る際に、お迎えしてご安置することをいいます。

遺骨迎えの際には、葬儀社のスタッフ、もしくは留守番をしていた近親者などが、玄関先でお浄めの塩とお水を準備して出迎えます。その後遺骨を後飾りの台にご安置し、喪主から順に焼香をしますが、僧侶が同行している場合はお経をあげていただきます。

近年では身内だけで小規模に行う葬儀が増えたことにより、火葬場から戻った遺族が、あらかじめ玄関前に準備しておいた塩を、肩や足元にふりかける程度の略式が一般化しているため、儀式として遺骨迎えをする事は、時代の流れと共に減少傾向にあります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴

 


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬