遺言執行者(ゆいごんしっこうしゃ)

遺言執行者とは遺言の内容を実現することを行う人を指します。

遺言によって執行者を指定することも可能ですが、指定者がいない、執行者が遺言開始時に死亡しているなどの場合は、相続人の請求で家庭裁判所が選任するようになります。

具体的に行うことは相続財産を管理する、名義を変更するなどの手続きを行います。

遺言執行者は相続人同士の協力がないなどの問題が起きた場合、第三者として実行するので、故人が指定しておくと問題が起きない可能性があります。

また、この執行者は未成年者、破産者は行うことができません。

仮に遺言書を作成した場合は、そのときの弁護士や行政書士などに予め依頼しておくのも良いでしょう。遺言内容は遺言執行者だけが行えるもの、任意で行うものなどそのときの場合により、推定相続人(相続をするだろうと推定される人)の排除、取消しも遺言執行者だけが行うことができます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬