遺影(いえい)

遺影とは葬儀の際に祭壇の中央にお飾りする遺影写真のことをいいます。

一般にカメラが普及する以前は肖像画や記念写真などを写真館などで加工したものを遺影として使っていたようですが、カメラが普及した後はアルバムにあるスナップ写真をモノクロで引き伸ばし、喪服に着せ替えて加工したものが主流になりました。近年では加工する技術が飛躍的に進歩し、カラー写真を使った遺影写真が主流となっています。

パソコンとデジタルカメラの普及により、コンピュータグラフィックのCGソフトで加工できるようになり、データ通信で遠方からでもデータのやり取りが可能になった現在は、選べる写真の枠も多くなりました。更にスマートフォンの普及により、データのやり取りの幅が広がり、自由度の高い遺影が増えています。

着せ替えや背景処理の加工技術と種類も飛躍的に進歩しており、モノクロの写真をカラーに加工する事も出来ます。

一昔前はタブーとされた、帽子やサングラスの遺影や歯を見せて笑っている遺影なども、近年では珍しくありません。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴

 


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬