遺体衛生保全(いたいえいせいほぜん)

ご遺体は死亡直後はまだ暖かく、特に内臓部分は長時間高い温度を維持します。その性質上、ご遺体は内部から腐敗が進み、放置すると変色し、腐敗臭を発します。

ご遺体の変色・腐敗はドライアイスで腹部の温度を下げる事により遅らせる事が出来ますが、死因や死後の経過により、ドライアイスの処置の仕方も様々です。体液の逆流がある場合や、外見上の損傷が顕著な場合などは腐敗が早まる場合もありますので、その場合、ご遺族の悲しみに追い打ちをかける状況にも成り得ます。腐敗を防ぐとともに、汚れの洗浄、外傷の処置をする事も、衛生保全として重要な部分です。

近年では消臭抗菌力に優れた薬剤が進歩していますので、ある程度の腐敗臭であれば、気にならないレベルに抑える事が可能となりました。

また、感染症から遺族を守る為の処置や指導も重要な要素となります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬