通夜(つや)

通夜(つや)とは亡くなった人の近親者が告別式の前夜に、一晩故人のそばに付き添うことです。

宗教的意味は邪霊から故人を守るためでしたが、現実的には死亡確認が難しかった時代に遺体に寄り添うことで死を確認したとも言われています。死亡したかどうか確認が難しかった時代には蘇生することもあり、その意味からも故人がもう一度蘇ることを願った儀式だとも言われています。それが転じて現代では通夜は故人とお別れを惜しむ儀式になりました。

最近では告別式に出席できない方のためにお別れの儀式としても執り行われ、かつては一晩中だった付き添いも弔問の方を迎えて1~2時間程度の通夜式が多いようです。

通夜は前述の故人の死を確認する意味以外に、仏陀が亡くなった時に弟子達が集まり、教えについて語り合ったという由来もあります。弟子達は話し合うことでそれぞれが知っている知識や仏陀の教えの理解に隔たりがあることを知る場となっていました。

それが現代では通夜に参加した人が故人について思い出を語らうことで故人を偲び、送る儀式になりました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬