通夜祭(つやさい)

通夜祭(つやさい)は神式で行われるお通夜のことです。

仏式と大きく異なるのは仏式ではお弔いをするときはお寺の斎場で行われることもありますが、神式では神社でお弔いを行わず、自宅か葬儀会場(葬儀専門の会場)で行われます。

儀式の執り行いは神官(神主)に依頼しますが、そのときの神官を祭主、進行する方を祭員と呼んでいます。通夜祭が行われると同時に遷霊祭も行います。これは霊璽という位牌にあたるものに、故人の魂を移す儀式です。遷霊祭では斎主により霊璽を棺に向けて、故人の霊が移るように遷霊の詞を唱え、拝礼します。この儀式の後、霊璽を祭壇に安置します。

通夜祭の前には参列者が手水の儀というお清めを行い、手や口をすすぎます。また通夜祭では玉串奉奠(たまぐしほうてん)と呼ばれる儀式が斎主によって行われます。仏式のお焼香の代わりに、玉串(榊の枝に紙製の紙垂を麻で結び垂らした捧げもの)を奉奠(ささげること)します。これは全員が行い、最後にしのび手(音を出さないで打つかしわ手のこと)を打ちます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬