通夜振る舞い(つやぶるまい)

通夜振る舞い(つやぶるまい)とはお通夜の後に弔問客や親族に食事や飲み物を振る舞うことです。そして、この通夜振る舞いの場で故人を偲び、同時にお清めします。

このお清めとは、死が穢れという考え方から、飲食を一緒にすることで穢れを清めることを指します。この行為は日本に昔からあり、地域によっては食事ではなくお茶やお菓子が振る舞われることもあります。料理を供するような形式では、人数調整が難しいことが想定されるので、大皿料理として盛り付けられることもあります。最近ではお弁当(お膳仕立て)形式で供されることもあります。

またキリスト教などは従来からこのような通夜振る舞いはありません。ただし、多少はお茶やお菓子が供されることもあります。

通夜の後、1~2時間で散会しますが、その後は遺族や親しかった方だけで見送ります。

この通夜振る舞いは、一般の弔問客の方は勧められない場合や、親しくない方のご葬儀の場合は辞退しても失礼には当たりません。

また通夜振る舞いは地域によっても方法が違います。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬