追悼ミサ(ついとうみさ)

追悼ミサ(ついとうみさ)とはキリスト教のカトリックで行われる定期的な法要のことで、仏教でいうところの追善供養と同義です。

カトリックの場合は故人の命日から3日・7日・30日・50日などに追悼ミサを行います。仏式の初七日と意味は同様で、故人に近しい人や親族が集まり偲ぶ会を教会で神父が執り行います。多くは30日や50日という区切りで追悼ミサを行い、仏式でいう忌明け法要になります。

仏式のようにお焼香はしませんが、代わりに献花を行います。お仏前に相当するものは御花料としてお渡しします。また、遺族は執り行う神父に対して協会に寄付という形でお礼をします。お通夜の後に行われる葬儀なので、この時に香典返しが行われることもあります(最近では当日返しもあります)。

ミサ中は讃美歌などを歌い、故人を偲ぶ儀式が執り行われます。その後のミサは遺族や故人の意向に沿って、1年や3年といったスパンで追悼ミサが行われます。プロテスタントは追悼ミサを記念式と呼んでいます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬