追善供養(ついぜんくよう)

追善供養(ついぜんくよう)とは追善法要とも呼び、故人が亡くなった命日に法事を行い、供養をすることです。

追善という元々の意味は死者の冥福のために法事などを行って善行を行うことを指し、追福とも言います。つまり亡くなった人だけでなく、遺族が供養という善行を行うことで自分に回り巡って善行が戻ることを意味しています。

追善供養というと命日だけと思われがちですが、毎日に行う供養という意味でも使われ、毎日故人の冥福を祈ってお仏壇に手を合わせることも含んでいます。

一周忌や三周忌では、お坊さんに依頼して読経などで供養を行います。この時、身内だけでなく親戚なども呼んで法事を行うこともあります。

このように追善とは命日に法事を行うことだけでなく、広く仏教的行為は全部追善供養と考えられています。例えば檀家として寺の清掃を行ったり、お寺で行われる行事に参加するだけでも善行と考えられて追善供養だとされます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬