読経(どきょう、どっきょう、どくきょう)

読経(どきょう、どっきょう、どくきょう)とは経文を音読することを指します。経文を仏前で読み上げる、声に出して読むことで、教義の元になる経典に書かれている意味を理解する上でも大切な行為の一つになっています。

読経することにより、内容を把握して実践するようになり、確実に記憶して教えを流布することが可能になります。このように従来は教えを理解し広めるための行為だったものが、今では宗教的儀式の一部になっています。読経という行為は経文を見て音読を行うことで仏教徒、僧侶のどちらも同様に行います。また、お経を暗唱して音読することを誦経(しょうけい)と呼び、僧侶が複数で読経を行うことを諷経(ふぎん)と言います。

この読経自体は近代では葬儀や通夜で行われる、追善供養などの際に行われることから儀式化しています。亡くなった方に読経するのは、亡くなった方を弔うだけでなく、参列者に向けた説法でもあります。

本来は仏教の教えを広めるために行われていた行為なので、日常的に声を出して読み、聞くことで救いを求める行為として日常に取り入れる方もいます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬