袱紗(ふくさ)

袱紗とは、儀礼的な贈答を行う時に、贈答品などの上にかける絹布製の四角の布のことを指します。

これはもともと貴重品が納められている箱の上に、塵などをよけるものとして使用されていましたが、そこから贈答の際に、道中で塵をよけるために使われるようになりました。そして今日では儀礼的な贈答の時に習慣として使われるようになっています。

袱紗(ふくさ)には様々な種類があり、それぞれ目的によって形が異なります。

袱紗の中でも黒塗り盆にかける亀房が付いたものを「掛け袱紗」と呼びます。また慶弔金を納めた封筒(金封)などを包む時は「小風呂敷(手ふくさ)」というものが使われます。また簡易の切手盆(祝儀盆ともいいます)と一緒に使う「台付き袱紗」や、金封を入れる財布の形をした「金封袱紗(またははさみ袱紗)」などもあります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬