葬祭業者(そうさいぎょうしゃ)

葬祭業者は葬儀に必要な支度を調達して葬儀を執り行う役割を請け負う会社のことです。また葬儀を行う仕事そのもの、就業する人そのものを指す場合もあります。葬儀や葬祭を執り行なう場合は公的資格や免許はありませんので、誰でも葬儀業者になることは可能です。

民間資格には、葬祭ディレクターや仏事コーディネーターという資格がありますが、必須条件にはなっていません。※遺体の運送の霊柩車の運転だけは貨物自動車運送事業の許可が必要になります。

葬儀業の市場規模は1兆千億円以上あり、葬祭専門事業者(葬祭業者)は総数の2/3あり、そのほとんどが100人以下の中小企業です。24時間365日営業している場合が多く、人は何時亡くなるかわからないため、亡くなった後に連絡があれば式や天候に関わらず出勤するのが常です。

葬儀業者は、亡くなった方や遺族、参列者などの色々な立場の方の視点と要望を考えて、まとめていかなければなりません。対話力や葬儀の構成力、実現するプロデュース能力、進行する能力などが問われます。地域や文化によっても習慣が違うので、色々な宗教の習わしに精通している必要があります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬