葬場祭(そうじょうさい)

葬場祭とは、進道の葬儀のことで、神式では通夜を「通夜祭」と呼び、葬儀を「葬場祭(神葬祭)」と呼んでいます。

葬場祭(神葬祭)は仏式葬儀の告別式と葬儀を兼ねています。葬場祭は基本的には仏式葬儀とあまり変わりませんが、仏式葬儀で行われる「焼香」に対して、葬場祭では「手水の儀・玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を行います。

香典の不祝儀袋には水引は黒と白の結び切りで、蓮の花の入っていないものを使用します。表書きには「御霊前・御神前・御玉串料」を記入しておきます。お香典と書く場合は仏式だけです。参列する時は一般的な喪服を着て、数珠は必要ありません。

手水の義(手水・拝礼)とは葬儀の前に参列者の心身を清めるもので、桶に入れた水を柄杓ですくい両手に3回に分けて洗い流し、水を左手に受けてその水で口を洗い清めて白紙で両手を吹きます。その後は「拝礼の作法」として、頭を2回下げ、柏手を2回打ち(音を立てないように直前で止める)、最後に一礼をする「二礼二拍手一礼」を行います。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬