葬列(そうれつ)

葬列とは、葬送のために遺族や近所の人、関係者が行列を組んで遺体を火葬場や墓地へと運んだ「野辺の送り」のことを指します。現代ではこの葬列の代わりに霊柩車が担い、遺族や親族はバスなどに乗って火葬場に向かいます。

死を告知して告別する葬列は告別式という儀式になりました。そして告別式の習慣が無かった時代では葬儀は自宅で行うのが一般的であり、葬儀は葬送が中心的役割をはたしていました。

葬列では案内役、送り火と呼ばれる方が先頭に立って進んでいきます。送り火は先火とも言い、高張提灯や松明を持つ役割を持っています。葬列は夜間にのみ行うのが通例で、足元を照らす役割が必要でした。その後に散華と呼ばれる紅白の紙切れを入れた篭が続き、紙吹雪を道中に振りまきながら進んでいきます。旗や忌旗、花輪、紙の蓮華花を持った人の後にお膳持ち(妻子)として枕飯・香炉を持つ役割の人が後に続き、衆僧、導師、位牌持ち、天蓋持ちの後に最期に棺になります。棺は飾り付けをした篭や輿に乗せられて運ばれました。担ぐ人は親類・町内などの男性で、専門の棺かつぎの人もいたので男手が無い時に雇うこともできました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬