般若心経(はんにゃしんぎょう)

般若心経とは、大乗仏教の空・般若思想を説いたお経のひとつであり、現存する最古のテキストはだいたい七世紀ごろに成立したものであると言われています。 般若心経は正式には「般若波羅蜜多心経」といい、「完全な智慧」という意味です。つまり悟りの境地に達するのに必要な「智慧」とはどういうことかを説いたお経になっています。 一般的に出回っている般若心経はお経の中では短い部類に入り、おおよそ300文字程度ですが、大乗仏教の本質を説いたものとして、浄土真宗や日蓮宗を除く日本の多くの宗派の寺院で唱えられています。 在家信者や時として神道なとでも唱えられることもあります。昔から病気平癒のため般若心経を写経する風習もあります。日本や中国などの仏教学者による注釈書も多く、仏教の経典中でも重要なものになっています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴



公開日:  最終更新日:  株式会社和敬