臨終(りんじゅう)

臨終とは人が亡くなる間際のことで、死に臨むという意味です。息を引き取る時にも使われますが、もともと亡くなった時でなく死を迎える直前の時期を指しました。

臨終とは臨命終時(りんみょうしゅうじ)の略語であり、古来より死を受け入れる時に際して色々な習慣が生み出されました。

危篤になった時には、病床などに家族が集まり最後の対面を行います。臨終の際には割りばしの先に脱脂綿を巻き付けて、唇を湿らせることで末期の水を取ることにします。この末期の水は死者との別れを意味します。昔は臨終の間際に行っていましたが、今では亡くなった方に行われるようになりました。

臨終になった場合は医師により死亡確認が行われます。病院では半日以内にはご遺体を搬出することが多いので、葬儀社などの心当たりをしておくと良いでしょう。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬