臨済宗(りんざいしゅう)

臨済宗とは禅宗の一つであり、中国五家七宗の一つが鎌倉時代に日本に伝えたと言われています。

宗祖は明庵栄西で、元となる経典などはありません。中国禅宗五家(臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼)の中のひとつで、唐の臨済義玄が宗祖と言われています。臨済義玄は中国禅興隆の頂点を極めた人物です。

日本の臨済宗は江戸時代に白隠が再興したもので、唐の時代とは異なり看話禅(かんなぜん)に変貌しました。看話禅は師匠より出された公案という出題に対して弟子が体全体で答えを出すもので、理論を超越した真実を探求するものです。弟子が出した結果に対して師匠が検証のための禅を行い体得したと言われています。

武家の世だった鎌倉時代には武士を中心に座禅が広まりました。浄土宗などが他力によって極楽浄土に行くことに対して、座禅により自力で悟りを得ることが禅宗の基本です。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬