聖体拝受(せいたいはいじゅ)

聖体拝受は、キリスト教における儀式のことで、イエス・キリストの肉と血の象徴であるパンと葡萄酒を信者に分け与えるものです。

聖体拝受は主にカトリックで行われ、プロテスタントでは聖餐式(せいさんしき)と言われます。日曜日の教会で、イエス・キリストが弟子とともに食べた最期の晩餐の時に自身の十字架にかけられて亡くなる最期を予告しその通りに亡くなったということを思い起こすためだと言われています。

カトリックではパンの代わりにホスティアと言われるイースト醗酵をしていない聖餅を使用します。これは薄いウエハースのようなお菓子です。噛まずに飲み込むことができるサイズになっていて、これはキリストの肉であるパンをかまずに飲み込むようにと決められているからです。

教会で聖体拝領を受ける時は、事前に食事を取らずに行き、空腹の状態で聖体拝領を受けます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬