納骨(のうこつ)

納骨(のうこつ)とは遺体を荼毘に付した後、遺骨の入った骨壺を墓の中に納めることです。

納骨は地域、地方、宗教によっても方法が異なります。仏式では一般的に四十九日の法要が終わった後に菩提寺などに行き、お墓に納めます。納める際は僧侶にお経を唱えてもらいます。またお墓に限らず納骨堂に納める場合もあります。この納骨堂は遺骨を保管し管理する建物で、別名を納骨殿、霊堂とも呼ばれています。このような納骨堂は寺院などの敷地に建てられている場合が多く、多くは納骨壇が設置されてそこに安置するようになっています。また上段に位牌を置く祭壇や仏壇があるものもあります。

この納骨は仏教だけでなく、神式やキリスト教でも同じような施設があります。最近では都心部において納骨せずに遺骨を自宅に安置するケースも出てきました。このようなケースは都心部の墓地の需要供給が合わず、不足していることが原因だと言われています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬