納骨式(のうこつしき)

納骨式(のうこつしき)とは遺骨の入った骨壺を墓に埋葬する儀式の事です。

納骨する時期は決まりはありませんが、宗教によっても習慣とし大よその時期が決められています。仏式や仏教では忌明け法要(四十九日)の後、キリスト教のプロテスタントは1カ月後の昇天記念日、カトリックは1カ月後の追悼ミサの後、神道・神式は50日霊祭の後に行われるのが一般的です。

また納骨を行う場所に関してはそれぞれの宗教によっても変わります。法要と納骨式を一緒に行う場合は、墓地があるお寺で一緒にする場合や、法要自体は自宅、納骨式は墓地のあるお寺というケースもあります。故人に予め納骨の意思や意向が残されているなら、それに合わせて納骨の場所を決めておきます。また決める場合でも自由葬のようにお寺でお葬式をあげない、法要をしないということがあると納骨自体を断られることもあります。墓地、霊園、納骨堂などは納骨式を行う場所があればよいのですが、制限がある時もありますので注意が必要です。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬