納骨堂(のうこつどう)

納骨堂(のうこつどう)とはお骨の入った骨壺を安置する建物のことです。納骨殿や霊堂とも呼ばれています。

日本では、納骨堂が寺院・公営・民営の3つの方法で運営・管理されているのが一般的です。納骨方法はロッカーのような形になったもの、棚に安置するもの、仏壇に安置するもの、お墓に安置する方法と様々あります。仏教だけでなくキリスト教、神道などでも同じような施設があります。

最近のスタイルとして屋内霊園という形でマンション形式の納骨壇を設置した施設が登場し、オートマチック式の参拝室がついているものもあります。このようなタイプは従来の寺院や納骨堂のスタイルから脱却し、お参りしやすく管理しやすいスタイルになっています。

納骨堂は一時的に預かってもらうタイプ(お墓の目途が付くまで)とお墓を建てずに永代供養してもらうタイプがあります。最近はこのような永代供養タイプで、マンション型スタイルの納骨堂に人気が集中しています。これは都心部の慢性的な墓不足などから起こっていると言われて

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬