納棺(のうかん)

納棺(のうかん)とは遺体を棺に納めることを言います。

この納棺という儀式は亡くなった方が死への旅立ちを準備した後に行います。遺体の姿を化粧などして整え、遺族の意向で故人の衣装を整えます。実際にこの納棺を行う人を納棺師と呼んで、火葬するまでの遺体の状態を見て葬儀を安らかに迎えられるように遺体を整えることをします。この納棺師はドライアイスなどを使い遺体の腐敗を遅らせることや、死化粧を施したりします。

納棺自体の決まりはありませんが、たいていは通夜が始まる前に遺族と葬儀社で日時を決めます。亡くなった日の翌日には納棺が行われて翌日通夜を行うケース、通夜直前に遺族や親族が集まり納棺するケースなど色々なパターンがあります。棺に遺体を納める時は遺族か親族が行います。

仏式では、手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)、頭陀袋(ずだぶくろ)といった冥途に行くための旅支度が施され、棺の蓋を閉めて合唱します。最近ではこのような旅支度は遺体に沿えるような形で置かれることも多く、儀式化されたものになっています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬