納棺師(のうかんし)

納棺師は、死者を棺に納めるために必要な作業などを行う人の事を指します。映画「おくりびと」で一躍有名になった職種です。納棺は葬儀会社が一連の流れとして行う場合と、納棺専門の業者が行う場合とがあり、特に「納棺師」という用語の観点からは後者の専門家の事を指します。仕事として単に遺体を棺に納めるというのではなく、湯灌や死に化粧、エンバーミングやドライアイスを施す作業のほかに、遺体の表情を穏やかにするよう整えたり、遺体に死に装束を遺族たちと一緒に着せたり、副葬品を入れたりと実に多様な作業を行います。遺族たちは深い悲しみに陥っているので納棺師は粛々と行いながらも、その気持ちを和らげる技量が試される職種でもあります。
お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬