納棺の儀(のうかんのぎ)

納棺の儀は逝去後、遺体を棺に納める一連の儀式の事を言います。遺体は自宅に帰宅した後、一晩は親族などと時間を共にする事が多いです。その後葬儀会社や納棺師と呼ばれる納棺を専門的に行う業者と共に死に装束や副葬品などを入れます。納棺のタイミングとしては、親族が多く集まった通夜の前に行われる事が多いようです。納棺の儀は葬儀会社や納棺師にまかせるのではなく、親族らも一緒に手伝うのが望ましいとされています。まず、死に装束は浄土真宗以外の仏教では経帷子、神道では白色の小袖を着せます。しかし最近では、故人が生前愛用していた服を着せることもあります。その上に手甲や脚絆、足袋などを着用させてあげます。さらに頭陀袋を首からかけて六文銭が印刷された紙を中にいれます。その後故人の愛用しいてた副葬品などをいれます。こうした一連の作業はだいたい30分くらいかかります。
お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬