粗供養品(そくようひん)

粗供養品とは葬儀・法要で金品を頂いた場合に行うお返しで、主に関西や西日本地区で行われています。

関西地方では葬儀のお返し(香典返し)には「満中陰志」として行う場合が多く、粗供養は一周忌以降の法要でも頂く御仏前のお返しとして用います。また、それ以外の西日本地区では香典返し自体も粗供養としてお渡ししているところが多いようです。関東や東日本地区では粗供養と呼ばず、「志」とするのが一般的です。

関西(大阪・奈良・兵庫)では用途として香典返し・四十九日のお返しの表書きは「満中陰志」とし、一周忌以降の法要の引き物は表書きを「粗供養」とします。愛知・京都・その他西日本地域では香典返し・四十九日のお返しの表書き・一周忌以降の法要の引き物の表書きはいずれも「粗供養」とします。東日本ではどちらも「志」と書きます。

「粗供養」を「祖供養」と書くことがありますが間違いです。粗品と同様に謙遜の意味から「粗」という文字が使われています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬