箸渡し(はしわたし)

箸渡しとは、亡くなった方を火葬に付した後で、ご遺骨を、木と竹を組み合わせた箸を使って、二人一組ではさんで拾い、骨壷の中に入れていくことです。渡し箸とも言います。地域によっては箸渡しを火葬に参列した全員で行うところと近親者だけで行うところがあります。「箸」が「橋」に通じるので、亡くなった方の魂をこの世からあの世へと橋渡しして、三途の川を無事に渡る手伝いをするという意味が込められていると言われます。箸渡しは、お箸の禁じ手の中にも含まれています。つまり、箸と箸で料理のやりとりをすることや、箸ではさみあげた料理を別の箸で取ることは、火葬の後の箸渡しを連想させるため、マナー違反とされているのです。
お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬