祖霊祭(それいさい)

祖霊祭とは神道で行う10年おきに五十年祭まで祖霊(先祖の御霊)をお祭りすることです。

葬儀では通夜祭や葬儀祭が亡骸(なきがら)に対して行われる儀式になりますが、霊祭(れいさい)は「御霊」(みたま)に行われる御霊舎(みたまや)と墓前で行うお祭です。その霊祭の中には、葬儀を終わったことを告げる帰家祭(きかさい)、十日祭(とおかさい)、五十日祭、百日祭、一年祭などがあり、それ以降に代々のご先祖さまを祀ることを「祖霊祭」といいます。

仏教の回忌にあたる儀式を神道では、年祭(ねんさい)霊祭(みたままつり)と言います。一般的には、一年祭が一つの節目と考えられます。神社本庁では一年祭までを神葬祭として、それ以降の式年祭(祖霊祭)と定義している場合があるようです。祖霊祭になると、神葬祭での死を弔う祭儀から、家の守り神としての祭儀の意味合いが強くなります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬