直葬(ちょくそう)・火葬式

直葬とは逝去後、通夜・告別式を執り行わず直接火葬場に行き荼毘に付すというスタイルの葬儀です。かつては身元不明者などで行われていた葬儀スタイルですが、安価で葬儀行えるという点と故人が宗教的な儀式を好んでいなかった、あるいは人間関係の希薄化から葬儀に招く人がいないなどの理由で1990年代から一般にも増えてきた葬儀スタイルです。ただし、スペースの都合から葬儀に招かれるのが親族くらいしかできないとか、故人とのお別れの時間が十分に取れないなどのデメリットもあります。菩提寺がありそこへ骨を納める事を希望する場合は再度仏式の葬儀を執り行う必要性があります。また知人・関係者に改めてお別れの機会を与えるため「偲ぶ会」などを後日催す必要がある場合もあります。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬