直会(なおらい)

直会とは神事において,神に捧げた供え物(神饌)をおろして司祭者や氏子らが神前で飲食をする会の事をいいます。これは神事の後の打ち上げとしてではなく、神事を構成する行事の一つとして捉えられています。これにより、神との結びつきを強くし、神の力を分けてもらい、そのご加護を期待するというものです。季節の野菜・魚介類などが神前に供えられた場合は、それらを調理した料理が出される場合が多く、その地の古来から伝わる郷土色豊かな料理が出されます。なお「直会」の語源としては、「直り合い(なおりあい)」と解され、つまり神前での斎戒を解き、平常に直るという意味だというのが定説になっています。また神社を統括する神社本庁ではこの直会の作法を事細かく決めています。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬