百か日(ひゃっかにち)

百か日とは命日を含めた100日目に執り行われる法要を指します。

ご遺族にとっては一つの区切りとなり、挨拶回りや遺品の整理が終わり、形見分けや遺産の分配などが終わったころです。そして一区切りがついたところで、故人に安心していただくためのご供養を行います。

また、百か日は「卒哭忌」(そっこくき)とも呼び、「哭」は声をあげて泣きさけぶ、「卒」は終わるという意味ですので、卒哭忌は声を上げて泣き叫ぶことを終える、それまでは泣き悲しんでいた近親者もやめる時期という意味になります。

以前はこの百か日にも法要を行っていましたが、最近ではこの日は盛大な法事は行わずに、身内だけ集まって故人を偲ぶ、お墓参りをするだけというようなことも徐々に増えているようです。

地域によっては四十九日でなくこの百か日に位牌を仏壇におまつりするところもあるようです。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬