生前葬(せいぜんそう)

生前葬とは、元気なうちに感謝の気持ちやお別れを告げるお葬式を知人や友人を招待して行うことで、晩年に知人や友人などの社会的関係に区切りをつける意味で行われることが多いようです。これは体が動くうちに市顎のお別れを言う機会を持ちたい、お礼を言う場を持ちたいという気持ちから行われ、感謝や愛情が込められた葬儀です。

「きちんと御礼を言う場を持ちたい」「体が動くうちに最後の集まりを企画してお別れを言いたい」など、その背景には関係者への愛情や感謝の想いが込められています。生前葬はまだ一般的ではなく、経験したことがある人は少ない葬儀の方法です。

葬儀される本人が自分の葬儀を行うので、主催者が自由に決めることができるのも特徴です。例えば、スピーチや歓談、乾杯と会食、プレゼントや花束の贈呈 、これまでの人生を振り返り、映像やスライドなどの投影など一般のパーティと変わらない形式で開くこともできます。

こういったメリットがある生前葬ですが、一般的では無いことから親族の理解を得ておかないと葬儀内容でトラブルが起こることもありますので、事前に理解を得ておくのが良いでしょう。また、生前葬を行ったとしても火葬は必要となりますので、家族にはその部分だけお願いする必要があります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬