生前予約(せいぜんよやく)

生前予約とは、生きている間に自分の葬儀内容や形式を決めておくことです。

近年一人暮らしの老人が増えたことで、いざとなった時に対応できないことや、死後数日で葬儀を執り行なわないといけないといった遺族の心情を考えて、死後少しでも負担を軽減させるために本人や親族から事前に相談することです。

生前予約は葬儀の内容や費用から、納骨が行われる墓、財産分与、遺言の管理執行まで含まれる場合があります。葬儀会社に相談するだけでなく、行政書士・弁護士などが必要になることもあります。

生前予約は自分だけでなく残された遺族にも多くのメリットがあるので、一度検討する価値ある活動です。葬儀準備は金銭的負担だけでなく遺族は傷心のまま手早く進行しなければなりません。このような負担を遺族にさせたくない、自分が望んだ葬儀にしたい場合は生前予約が利用されます。

自分の思い通りの葬儀をするだけでなく、落ち着いて葬儀を考えることができます。

 

遺族なら落ち着いて考えることが難しい場合もあります。

時間的余裕がある中、費用やプランをじっくり考えることが可能です。また具体的費用を把握できます。ただし生前に予約する場合は親族とよく相談して決めておく必要があります。

また、財産の分与や遺言管理執行に関わってくる場合もありますので、そういった場合は葬儀会社のみならず、行政書士など法律の専門家が必要な場合があります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬