玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串奉奠とは神葬祭で行われる仏式の焼香の代わりに行われる儀式です。

玉串(榊の枝に紙で作った紙垂を麻で結んで垂らしたもの)を神前に捧げて礼拝することを指します。神主と遺族に一礼し、玉串を両手で受け取り、根元が自分と逆になるように持ち、時計周りに持ち替えながらまわします。この時に故人への哀悼の意を表します。手前でもう一度一礼して、玉串をお供えするときはそのまま根元を向こう側にして供えておきます。

お供えした後は、遺影に対して二拝・二拍手・一拝で拝礼していきます。このとき、神社のお参りと同じように音を出してはいけませんので、寸前で止めて音を出さないようにします。神葬祭では静かに音を立てない手の叩き方を忍び手と呼んでいます。

玉串を受け取る場合には、右手で茎をもって左手で葉を持つようにします。胸のあたりで葉の左手を少し高くなるように持ちます。また、玉串奉奠は、お葬式だけでなく結婚式、安産祈願、お宮参り、七五三といった神葬祭で、祝詞を奏上する時にも行われています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬